スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目のウィキッド。

今日は劇団四季の『ウィキッド』を観てきました。
昨年に引き続き、2回目。
メインのキャストはほぼ変わらずで、
濱田エルファバと沼尾グリンダも健在でした。
沼尾さんは一皮剥けた感じでしたね。
コケティッシュさに磨きがかかったというか、
ユーモラスさがプラスされた感じがなかなかよかったです。
濱田さんはもう最高ですね。
これ以上ないくらいの大迫力。
今回は、エルファバとグリンダのデュエットが本当にきれいでした。
それだけ円熟してきたということなんでしょうかねぇ・・・。

昨年は2階席からの鑑賞でしたが、今回は1階席。
やや左からでしたが、やっぱり1階席はいいですね。
ウィキッドは上下の動きもあるので、
見上げている分迫力が増しているように感じました。
今度は中央付近のお席で観たいです。
いつ観に行けるかわかりませんが、そのときまで、キャストが変わりませんように・・・。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。