スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値上げの目的あれこれ・・・。

ちょっと気になる記事を見つけたので・・・。

ビジネスジャーナルのこの記事。
ディズニーR値上げ目的はぎゅうぎゅう詰め解消、効果ない?駐車料金3割値上げの意味

最近のOLCの強気モードがどこから来るのか。
なんとなく、すべて数字でしか考えていないんじゃないかと思ってしまいます。
経営のことはまったくわからない素人なので、的外れかもしれませんが、
純利益が何パーセント上がったとか、入場者数がどれだけ増えたとか。
ただ、顧客満足度はそれでは図ることができなくて、
ゲストが何を目的に来園し、それに対してどの程度までなら「OK」と感じるか。
最近のパークは、アトラクションやショーだけでなく、レストランやショップに入るにも行列。
トイレすら並ぶことを想定しないと廻れません。
これは、何年も同じ状況が続いていますが、それに対してなんら手を打つ気配がないのも疑問です。

つい先日発表された、ウェスタンランドの新規施設とレストランリニューアルについても、
新施設増設はよいとして、レストランのキャパシティーは現在と同等とありました。
レジや厨房の回転率については触れられていないので、
そのあたりが改善されているとすればよいのですが、
実際はどうなのかわかりません。
これでは、手を打っているとはいえないと思うのです。

以前と比べて、入場制限がかかるラインも引き上げられているような気がしなくもなく、
(これは個人的な印象ですが)
むしろ、混雑していることを喜んでいるのではないかと思ってしまいます。
ホスピタリティーは低下する一方だなと思います。

値上げによって混雑緩和を目的としているとは到底思えず、
パークの価値が上がっているともいえず(むしろ、下がっているとさえ感じる)、
本当のところ、何も考えていないんじゃないの?というのが、一個人の感想です。

10年で5000億円の投資が話題になりましたが、
レストランやトイレの待ち列対策も含めて進めていただきたいと切に願います。
そして、このところ目立っている「人より物へ」の投資ではなく、
人に対する投資も忘れないでもらいたいと思います。

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。