スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝当て。

先ほど、某テレビ番組で見たこと。

「いわき市の小学校では、掃除の時間にみんな“膝当て”を使うらしい」

ところ変われば・・・というけれど、
この番組は、本当におもしろい。
それぞれの都道府県(あるいは地域)ごとに、
かなりローカルな特色があって、
自分の地域の特色が、本気で全国区だと思っている。

今日やっていたいわき市のネタ。
昨年度まで同じ学年で仕事していた同僚が、
「故郷で仕事をしたいから」ということで福島県の採用試験を受けて見事合格。
今年度からいわき市の小学校に勤務しているので、どこかに映っていないかと見てしまった。
取材していた学校は違う学校だったみたいだったけど。

膝当てといっても、サッカーなどで使うような製品化されたものではなく、
小さくなった服を切って縫い直したりした、「お母さんの手作り」の筒状の布。
筒の片方だけゴムが通してあって、ずり落ちないようになっている。
事務員さんが使う袖口が汚れないようにする腕のガードの片方が
ゆるゆるになっているものみたいな感じ。
床を雑巾で拭く際に、膝と床面がこすれるのを防ぐために使っているとのこと。
でも、みんなまじめに装着していて、黒板掃除やほうきの担当でも全員が使用するんだとか。
たしかに、あれを使えば、床もピカピカになるだろうなぁ・・・。

いわき市でも、9割以上の学校が使っているということで、
取材校の校長先生も、
「今回取り上げてもらったことで、“いわき市以外は使っていない”という事実を初めて知った」
とビックリした様子・・・。

今度その同僚に会う機会があったら、聞いてみよう・・・。

あ、そういえば、MUSICAが住んでいる地域では、
運動会の種目に「鈴割り」というのが当たり前にあるけど、
他の都道府県ではやっているところが少ないみたい。
名称はさまざまだけどね。「破鈴(はれい)」というところもあるし。
学校も、ところ変われば・・・だなぁ・・・。

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。