スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年、初観劇!

今年の初観劇は「ボニー&クライド」となりました。
友人がなかなかいいお席をゲットしてくれたので、
ストレスなく楽しむことができました。
10年以上ぶりの青山劇場です。

何の情報も入れずに鑑賞したので、
あまりの展開にビックリでした。
あとで調べたら、実際にアメリカで起きた話なんですね。
しかも、「俺たちに明日はない」という映画にもなっているとか・・・。
とても有名なお話なんですね~。

全体的には、アメリカンテイストたっぷりの音楽に彩られて、
とても心地よく感じました。
話の内容はとても重く、苦しい内容なんですけどね。
その重苦しさが、音楽の力で軽減されて、
さらにスピード感のある舞台になっていたと思います。

MUSICAが「このミュージカルを観に行きたい」と思ったのは、
濱田めぐみさんが出ていたから。
元劇団四季の方で、ウィキッドのエルファバ役がとってもよかったんですよね。
四季は退団されて、この作品で久しぶりの舞台復帰とのこと。
最近では、ディズニーシー開演10周年記念テーマソング「it'll Be Magical!」の
日本語版を歌われています。
歌唱力はとても定評があって、今日もすばらしい歌声でした。
むしろオペラのようにずっと歌って演じて欲しいくらいでした。
ジャズっぽい曲でも、ブルースっぽい曲でも、ロックっぽい曲でも、
きちんと“それらしく”歌い分けていて、すごくよかったです。

クライド役の田代万里生さんは、初めて舞台を観たのですが、
とても熱い役者さんなんだなぁ・・・と思いました。
男性同士のアンサンブルが何度かあったのですが、
そこが微妙に合わなかったところが残念でした。

全体的な印象としては、
時間の経過が分かりにくい感じがありました。
「あれから何日経ったの?」とか、
「あれ?今ケガしたのに、その楽器弾くの???」とか、
観ていて頭に「?」が浮かぶことが何度かありました。

セットの使い方も工夫されていたし、
照明の使い方が面白かったのですが、
場面転換が多く、話の流れが止まってしまうところがちょっと残念だったかな~。
音楽がとても良くて、勢いをつけているのに、もったいないな・・・と。

話の内容的に、発砲音が突然鳴ったり、銃撃戦が繰り広げられたりするので、
驚く場面がしばしば・・・。
心臓に自信のない方は、心の準備をしてご覧になったほうがよいかと思います・・・。

一度、「俺たちに明日はない」の映画を観たり、
実際のボニーとクライドの生涯について勉強したりした後にもう一度このミュージカルを観ると、
印象も変わるかもしれないな・・・と思いました。
いつか再演されることがあったら、ぜひまた観に行こうと思います。

音楽は生演奏だったようですが、
MUSICAの位置からは、演奏している様子が見えませんでした。
カーテンコールで、そちらの方にも拍手していたので、
「あ、あそこで演奏していたのね~」と思ったくらいでした。
途中までは本気で録音だと思っていたMUSICAなのですが、
生演奏ならではの表現が取り入れられている場面もありました。
やっぱり生演奏の方が迫力もあるし、歌も引き立ちますね。

このミュージカルを皮切りに、
今月から来月にかけて、怒涛のお遊びラッシュなのです・・・。
次の週末はKANさんライブ!
こちらも楽しみだ~♪

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。