スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹奏楽に隠れるディズニーの影。

今日の午前中は、執筆活動。
所属している吹奏楽団の演奏会プログラムの原稿を作っていました。
久しぶりにプログラムの係になったので、
イマイチ勝手がわからず、アタフタしてしまいました・・・。

今回は、ディズニーにちなんだ曲がけっこう入っていまして、
曲紹介を担当する中の2曲が、ディズニーソング。
「魔法使いの弟子」と「眠れる森の美女」です。
このタイミングで「弟子」をやることになろうとは、
本気でビックリなのですが、
いろいろ調べながら、コンパクトにまとめました。

「眠れる森の美女」は「ワルツ」だけをやるのですが、
これまた、バレエやアニメーションなどいろいろなバージョンがあって、
まとめるのが大変でした。
今回改めて考えてみると、
この曲は本当にシンフォニックというか、
オーケストレーションがキレイなんですね。
吹奏楽でその美しさを表現するには、どうしたらいいのかなぁ・・・。
演奏していると、まだまだ俗っぽいというか、チープな感じがしてしまうんですよね~。
高級感漂う雰囲気で、しかも軽やかで楽しい感じが出せるといいんだけどなぁ・・・。
この曲を聴くと、ワンマンズドリームの舞踏会のシーンを思い出します。
あんな雰囲気で演奏できるといいなぁ・・・と思いました。

そんなこんなで、午後からは練習へ・・・。

5月にはジャズのイベントに出演するのですが、
ここで演奏するのが
「チャタヌガ・チュー・チュー」と「サウスランパート・ストリート・パレード」
どちらも、ディズニーシーを思い出す曲です。

「チャタヌガ・・・」は、ビッグバンドビートの中で歌われています。
アレンジは違うものの、
演奏していると、MUSICAの頭の中には、ダンサーさんたちの踊る姿が蘇ってきます。
「サウスランパート・ストリート・パレード」は、
マリタイムバンドがときどき演奏しているのを聴きました。
だいぶ昔にも一度演奏したことがあり、
マリタイムの演奏を聴きながら、「お!懐かしい~」と思いながら聴いていました。
今回、こんな状況の中演奏することになり、
今度はこの曲を演奏しながら、シーに思いを馳せることになりました。

苦手なジャズですが、何となく楽しさが分かってきた今日この頃。
そうなったのは、ディズニーのおかげでもあるのです・・・。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

Smile Diary 吹奏楽に隠れるディズニーの影。 最速時事ネタニュース:ステキな金縛り (04/16) · ディズニーファンのページ:ディズニーも3Dの波? #ryoko #Disney #followmeJP #TDR #chiba #newsjp (06/15) · ディズニーファンのページ:ディズニー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。