スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランド再開で思ったこと。

昨日予約録画したニュース番組(ランド再開のニュース)をようやく見ました。
フジテレビは、オープン前のゲートからレポートしていました。

オープンは7:55で、5分アーリーだったんですね。
上空のヘリからの映像では、
ゲート前の待ち列がチケブの屋根から出るかどうか・・・という感じでした。
出勤前のめざましテレビでは、
「普段の土日よりも多くのゲストが・・・」と言っていましたが、
普段の土日はそんなもんじゃありません。
昨日は1万人くらいの入場者数だったそうで、
言ってみればガラガラです。
テロップには「1万人が!」的に出てましたけど。

オープンしてエントミッキーに並ぶ人、
イースターパレードを観るために城前に駆け込む人、
新アトラクションに向かう人、などなどさまざまでしたが、
レポートにはエントグリの様子がありました。
けっこう、泣いている人いましたね~。
キャストさんも涙を流している方がいらっしゃいました。
気持ちはよくわかります。

ゲストの方もインタビューに答えていましたが、
言葉の端々から、「この人常連だな」というのが
わかったりするから面白いです。
浦安在住のディズニーファンに密着しているレポートがあり、
その方は「日常が戻ってきた」という言い方をされていました。
そうなんですよね。
パークの中は「非日常」のはずなのですが、
いつも足を踏み入れている人にとっては、それが日常。
パークに行くことが特別なことではないんです。
(この辺、周りにはあまり理解されない感情だったりする・・・)
ランドの再開でメディアも大々的に取り上げていますが、
シーやミラコスタがオープンしていない今、
やっぱりまだ日常に戻ったとは言えないなぁ・・・と。
リゾート全体が再開したとき、舞浜に集まったみんなで喜びあいたいと思いました。

2010-0529-1

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。