スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

今日は仕事帰りに映画鑑賞。
シネコンのポイントが溜まっていたので、
そのポイントを使ってみてきました。

なかなか評判が良さげな『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
元々のアニメは見てなかったので、
ストーリーもほとんど知りません。
ただ、ヤマトの音楽は好きで、
吹奏楽でも演奏したことがあります。
なので、目的はキムタクでも何でもなく、
「あの曲を迫力のある音で聴きたい」という理由からでした。
音楽が全く違っていたら、おそらく観に行っていなかったな・・・。

感想は続きからどうぞ・・・。
いわゆる名作のアニメだと思いますが、
今回鑑賞して、やっといろいろな意味が分かりました。
点と点が線で繋がったという感じ?
でも、長いアニメを2時間強にまとめるんだから、
カットされたシーンも多いんでしょうね・・・。
役者陣も、なかなか実力のある俳優さんたちがたくさん出ていましたね。
「お金かかっているなぁ・・・」と思いました。

そして、大事な場面は、アニメを忠実に再現しているように思いました。
ただ、ラストは、本当にあんな感じで終わりでしょうか?
なんか、中途半端な感じでしたね。
まぁ、アニメのラストはけっこうそんなもんですが・・・。

そして、やっぱり音楽が良かった。
映像と合わせてみると、本当にピッタリ!
オーケストレーションは再アレンジされているのかもしれませんが、
壮大なスケールで、感動しました。
映画音楽を演奏することは多いのですが、
映像をしっかりイメージして演奏しないと、
そんな感動が薄れてしまうのかもしれませんね。


ヤマトの実写版を見て、思ったことが一つ。
アニメ史に残る名作って、
ちゃんとストーリーを理解していないかも・・・。
今予告をやっている「明日のジョー」とかも
有名なシーンしか知らないんですよね。

現在はCGがすごく凝っているし、
再生の機能もUPしているから、アニメの名作がどんどん実写化されると
面白いかもしれないなぁ・・・と思いました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。