スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の夜の音楽会。

今年も行ってきました、ディズニー・オン・クラシック。

doc2010-1


回を重ねるごとに、チケット争奪戦も激しくなり、
なかなか大変な状況になっています。

今年はフォーラムでの鑑賞ではなく、別の会場を選びました。
お休みと重なったので、今年は横浜。
久しぶりの県民ホールです。

今年のステージも、とても素晴らしいものでした。
ネタバレ防止で、感想は続きからどうぞ・・・。


ステージ上の譜面台には、それぞれの奏者さんの好みなのか、
マスコットがぶら下がっていました。
今年はダッフィー率が高いこと!

コントラバスの方の譜面台はダーポーチでした。
けっこう目立っていましたよ~!
doc2010-2

今年は「美女と野獣」がメイン。
今年はシンガーさん達のレベルが高い!
アンサンブルがとっても上手でした。
何気ないハーモニーがものすごくキレイだったし、
発音がとてもクリアで聞き取りやすかったです。

ステージには、バラも置かれました。
doc2010-3

美女と野獣以外の曲では、弦も木管も金管も、
それぞれ見せ場があり、バランスが良かったと思います。
昨年はギターソロだった、中間の部分も、
ラブ&バラードということで、アンサンブル復活でした。
今回はピアノやベースなど、オケではあまり目立たないパートが中心になり、
それにシンガーさん達の歌も加わり、とても良かったです。
「ララルー」と「ベラ・ノッテ」のメドレー(というか、混合アレンジ)が
とっても斬新な編曲で、楽しめました。
ジャズっぽい上に、両曲が交互にでてきたりして、
ものすごく面白い編曲になっていました。

男性4人で歌うサムデイも、とっても良かったです。
やっぱり、アンサンブルは男性が上手いと引き立ちますね。
今回、印象が良かったのは、男性陣のレベルの高さだと思います。

美女と野獣は、やっぱり名曲ですね。
全曲ではなかったと思いますが、映像と生音で感動が蘇りました。
セリフが多かったので、字幕があってもよかったかな?と思いました。
一番のクライマックスは動画なのですが、
もう少し動画の部分を増やしても面白いと思います。
来年はぜひお願いしたいところです。

今回はけっこう前の方のお席をゲットすることができ、
一部と二部のラストで噴射されたカードとキラキラテープも降り注ぎました。
2枚ゲットできたので、いちおう写真に撮っておきました。
doc2010-4

コメント

MUSICAさんこんばんは☆
本日、大阪公演に行ってきました。

コントラバスの方のダッフィーはかなり目立っていましたね・・・。笑
みんなあのダッフィーとバラの写真を撮ってました。
私もデジカメ持って行けばよかったですー。携帯ではきれいに撮れなかった!

美女と野獣ももちろん最高だったけど、
フィルハーマジックも“ちょっとだけ”見ることができ本当に感激しました。

案内役をされていた、超美声の佐々木さんて男性は何者!?と
終了後友人と盛り上がりました。
ディズニー専属の方なのでしょうか。
沙あやさんへ。
沙あやさん、こんばんは。
今日、大阪公演だったんですね。
やっぱり生オケはいいですよね~♪
シンガーさん達も、
ブロードウェイなどで活躍されている方とのことで、
実力のある方ばかりだし、
見応え聴き応えたっぷりのステージですよね。
年々、チケット争奪戦が激しくなっているのもわかります。

案内役の方、今年で3回目だと思いますが、
過去には女性の方もいらっしゃいましたよ。
どういう方が選ばれているのかはわかりませんが、
確かに「何者?」という感じですよね(笑)

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。