スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者目線VS神様商売。

今回はちょっと真面目なお話。
KANさんつながりでお友達になったyumipoohさんのblogについて。

先日発表になった
KANさんの『The Restoration Series』発売決定!
の話題についてのyumipoohさんのご意見、ご感想が書かれています。

これを読んで、MUSICAはとっても感動しました。
「本当の意味でお客さんのことを考えた行動というのはこういうことなんだな・・・」と。
そして、それを読んだとき、
MUSICAはやっぱり比べてしまったんですね、あの場所と。

まだ、まとまりきれていませんが、
MUSICAなりの考えを続きからどうぞ・・・。


前々から、KANさんの半端ないサービス精神には感服していました。
ライブハウスでのライブは、
オールスタンディングの方がたくさんの人が入って儲かるのに、
でもちゃんと椅子を準備してくれるところとか、本当にありがたいと思います。
こういう精神を常に持って取り組んでいるから、
ライブで毎回違う曲をやろうということになっても、
バンドもメンバーもゲストもスタッフも、
それを実現させるために頑張ってくれるんじゃないかな。
そういう意味でも、ルックスライブは本当に楽しかったし素晴らしかった。

今回の『The Restoration Series』をBOX販売せずに箱だけ売ることにして、
買い方をお客さんに選んでもらうという方法をとったというのも、
本当の意味でのサービスということを知っているからだと思うのです。
元々、リマスタリング版を発売するということ自体、
KANさんらしい「お客さんのためのサービス」なんですけどね。

注目点はその売り方。
最近の儲け主義、利益優先の考え方からいけば、
本当に時代遅れの逆行した考え方なのかもしれません。
BOXでどーん!と売っちゃえば、儲けにつながるはず。
でも、昔から長々と応援している人たちがいるということをちゃんと理解しているから、
儲けよりもお客さんが買い方を選べる方法をとってくれた。
その上、BOXを完成させたい人のために箱だけ売って、
現時点でのコンプリートもさせてくれると言っている。

このように、本当の意味でお客さんのことを考えてくれているというのが
伝わってくるからファンをやめられないんですよね。
もちろん、音楽も素晴らしいんですが。

さて、舞浜の某テーマパークを考えてみましょう。

経営理念は「ハピネスの提供」ということは、有名な話です。
「全てのゲストに楽しんでもらえる総合エンターテイメントを目指している」ということは、
昨年の研修でも、OLCの社員さんが話していました。
今のパークは、本当にそれが実行されているのかな?と思ってしまいます。

・行っても観られないかもしれない上に、焼き直し連発のショー。
・観られないかもしれない抽選に、長時間の列。
・事前予約した人しか観られないランチショー&ディナーショー。
(これは一長一短ありますが・・・)
・ヒット商品を買うための長蛇の列。
などなど・・・。

そんな運営を続けながらも、
一日に何万人ものゲストが押し寄せて財布を緩めてお金を落としていく。
「観れなくてもゲストは来る」「みんなが持っているという理由だけで売れる」
などなど、運営側が経費をかけなくても、利益につながるという事実があるから、
以前とは違った「手抜き感」がまる見えになる運営をしてしまうのかな?と思います。
しかも、最近は露骨に商魂たくましいゲストの財布を緩める戦略を
仕掛けてきていますからね。
本当の意味でゲストの心理を読めていない気がします。

企業ですから、利益を追求するのは当たり前のことです。
ただ、今の状態は利益だけを追求しすぎていて、
殿様商売ならぬ神様商売の域に達しているように見えます。
ゲストの心を本当の意味で捉えてない運営をしていては、
この先いつか痛い目にあうのではないかな、と。
一日に何万人というゲストが来て、年間で見たら何千万という状態で、
すべてのゲストを満足させるのは不可能ですが、
「ゲストのことを考えていますよ」という姿勢をちゃんと見せて欲しいと思うのです。

そういう姿勢を見せようとしていれば、
「ダッフィーグッズ取扱店の抽選導入」(今は再検討中となりましたが)という
ばかばかしい発想が出てくるはずはありません。
発表する前にどうして気付けないかなぁ・・・。
あの時点で、「完全に消費者目線を忘れている」ということを
露呈してしまったと思います。

OLCの偉い方々には、一度神様商売の姿勢を捨てて、
消費者目線でパークを見てほしい。
そう願わずにはいられません。
そうすれば、今の問題点がいろいろ見えてくるのではないかと思います。

・目的のショーが観られずに悲しい思いをしているゲストの表情。
・見えにくい場所からムリヤリ背伸びをして観ているゲストの表情。
・食事難民のゲスト
・トイレの大行列。
・入店待ちの大行列。
・セット販売ばかりのグッズ。
・時間制限付のショー鑑賞レストラン。

ちょっと考えただけでも、これだけ改善して欲しいところが出てきています。
ゲスト側も、周りのことを考えた行動が望まれますが、
運営側には、もっと抜本的な改善をしていただきたいと思います。
特に、ランドのトイレとレストランの列は、
いいかんげんにどうにかして欲しい。
アトラク作るよりも、こっちだろうと・・・。

ショーの抽選については、残念なことになくなる気配はありません。
もちろん、抽選がないに越したことはありません。
ただ、以前のようにハズレたゲストも楽しめるような工夫をしてくれたらいいのに・・・と。
「ブレイジングリズム」や「ロック・アラウンド・ザ・マウス」は、
ハズレてもパレードルートで十分楽しめました。
こういう工夫をしなくなったのも、
バケーションパッケージの販売促進や人件費削減があるのかな?と思ってしまいます。
実際、こうすることで結果が出ているんでしょうけど、
長続きはしないような気がします。
この方針、いつまで続くんでしょうね・・・。

KANさんのように、本当の意味でファンを大切にする姿勢を見せてくれれば、
もっともっと利益にもつながると思うんですけどね。
そうはいっても、時代は「お金がすべてのルールレス」
     ・・・by RED FLAG(一般道路速度超過)/KAN
お金がモノをいう世の中なのは間違いなく、そこも苦しいところなんですけどね。

うまくまとまりませんが、
もう少し、サービスと利益のバランスを考え直して運営して欲しいな・・・と。
そして、yumipoohさんの記事を読んで、
「このKANさんの考え方を、OLCの偉い方々に聞かせてやりたい」そう思ったのでした。

コメント

そうかな?
>でもちゃんと椅子を準備してくれるところとか、本当にありがたいと思います。
椅子のぶんだけ、オールスタンディングより観れる人は少ないんですよね?
「1人でも多くの人に観て、聞いて欲しい」という観点からは×とも言えるのでは?


>・行っても観られないかもしれない上に、焼き直し連発のショー。
>・観られないかもしれない抽選に、長時間の列。
ボンファイアーとか行っても入場締め切り。
シンデレラ城前も、前のほうや中央部分は朝から動きません。
ダンスショーケースの最終日なぞ、朝から12時間待ってた人もいたそうです。
現状は、「何度も来園できる」「ショー1つのために他の全てを捨てられる」年間パスポート所持者優先のシステムになっていることは否めません。

TDSの抽選場は、機械は多いのに狭いため回転率が悪すぎることが問題ですが、TDLの抽選場だと、この夏でも混んでいる時間を避ければ、長くても10分程度で抽選できます。(そして、そういう時間帯のほうが当選確率が高かったり…)
当選すれば、シンデレラ城前で待つ必要もなく、時間までゆっくり食事や買い物を楽しめます。

>・目的のショーが観られずに悲しい思いをしているゲストの表情。
それは遠方から年に1回の来園の方でしょうか?
特定のダンサーファンの年間パスポート持ちの方でしょうか?
前者のほうが、ハズレたらそれは仕方が無い。代わりに○○に乗って帰ろうとかサバサバしているように感じますよ。
後者のほうが粘着質ですね。抽選しないワンデーの方にパスポートを借りたり、当選してもお目当ての出演者が出ないからと、他の仲間に譲ったり、観なかったり。

>・時間制限付のショー鑑賞レストラン。
これの原因を作ったのもの、前ショー、「ドナルドのボートビルダー」の張り付き常連でしょう。最終公演近くなんて、座席がまったく回転しませんでしたからね。

先着順、待った者勝ちのシステムは、年間パスポート持ち、および徒党を組んだ常連に有利過ぎるシステムだと思いますよ。
KoZさんへ。
こんばんは。
鋭いご指摘、どうもありがとうございます。

スタンディングorシッティングについては、
確かにご指摘のような突っ込みをされる方も多くいらっしゃいます。
自分のことを商業音楽家と表現することのあるKANさんですが、
こんなにガツガツしていないゆるいやり方でいいのか?と・・・。
ただ、ご本人はライブDVDの中でこうおっしゃっています。
「ライブハウスでも最近はオールシッティングにしているんですよ。
お客さんに申し訳なくてねぇ・・・。始まるまでも大変でしょ?
いい場所が取れて、トイレに行きたくなっても、その場所も取られちゃうから行けないし。
本当に過酷なんですよねぇ・・・。
なので、絶対にオールシッティングがいいんですよ。」
ファンとしては、その姿勢が嬉しいなぁ・・・と思うのです。
その昔、ライブは大きなホールで行われ、
チケットも取りたいだけ取れた時代がありました。
しかし、ライブハウスではそういうわけにもいかず、
チケットの争奪戦(というほど熾烈ではありませんが)は
避けられませんけどね。

そして、抽選制度についてです。
このBlogでも何度も書いていますが、
MUSICAは抽選反対派です。
「楽しみ方を選ぶ権利はゲスト側にあるべきだ」と考えるからです。
パーク内にいる時間の使い方は、
それぞれの状況や価値観で、自分の責任において納得のいくように
決められるようにすべきだと思います。
もちろん、「マナーを守った常識の範囲内という大前提の上で」のことです。
(それが難しいところなのですが)
ショーの抽選では、本当に観たい人が観られないですし、
「遠めで全体的に楽しみたい」「キャラを間近で観たい」などなど
楽しみ方も人それぞれです。
何を犠牲にして何を優先するか、自分で決めて行動するならそれは納得のいく過ごし方だと思うのです。
もちろん、混雑状況や列の伸び方など、
どこか折り合いをつけないといけない部分もあります。
ご指摘のような抽選制の利点も理解していますし、
その恩恵にあやかったこともあります。
それを踏まえた上でも、やっぱり上記の考え方を覆すことはできません。

一部の常連ゲストの目に余る行為もあるのは事実です。
ゲスト側もモラルを守った常識のある行動を心がけていく必要はあると思います。
残念なことに、目に余る行為が減らないのが実情ですが・・・。
そこはゲスト側も反省する必要がありますが、
抽選で勝ち負けを振り分けるなら、
せめて以前のように他の場所からも楽しめるようなショーを作って欲しいと思いますし、
もっとたくさんのゲストにとって見やすい環境づくりをして欲しいと思うのです。
今回の記事は、そのような「姿勢を見せるか見せないか」という
部分に焦点をあてて書いたつもりです。
そのあたりが上手く伝わらなかったのでしたら、
MUSICAの文章力・表現力がなかったということだと思います。
申し訳ありません。

そういう意味では、
抽選実施日のBBBとワンマンズ・ドリーム1回目公演が
抽選無しで並べば観られる扱い方になったことは、
運営側がゲストのことを考えている姿勢を見せてくれた一例だと思います。
(えらそうな言い方で、すみません・・・)

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。