スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤング・ピープルズ・コンサート♪

昨日は、初シエナ・初佐渡裕を観てきました。
『ヤング・ピープルズ・コンサート』というコンサート。
ヤング・ピープルズ・コンサート
タイトルどおり、小さいお子さんがたくさん来ていました。

「ネスレからのおくりもの」という冠もあり、
ロビーはネスレ一色!

2009-0810-1
ネスレ商品がオーケストラになっていたり・・・

2009-0810-3
ミロのコーナーで写真が撮れたり・・・

2009-0810-2
ネスレ商品を使った手作り楽器に触れることもできました。
コンテストも行われたようです。

2009-0810-4
トランペットにスポットを当てたコンサートということで、
トランペットを吹いてみよう!のコーナーもありました。

2009-0810-5
2Fのロビーには、コーヒーの詰め替え用ボトルの疑似体験もできました。
来場者全員に、このチャージボトル1本が無料で配られました。
(違う商品を持っている人もいたので、足りなかったのかも???)
隣の席のお姉さんは、
「詰め替え用を配って、元のガラス瓶を買わせようということか!」と言ってました。

こんなお楽しみコーナーが満載なので、
開演時間までは十分楽しめました。

今回のゲスト、ジャズトランペッターの原朋直さんは、
MUSICAの出身大学の先生。
学生時代に一度だけ講義を聞いたことがあります。

プログラムのほとんどが、観客も参加するスタイルなので、
すごく楽しかったです。
手拍子足拍子は当たり前、客席を2つに分けての掛け合いや、
コールアンドレスポンスなど、次々に仕事を与えられます。
子ども達には「カズー」という楽器(プラスチックで出来たおもちゃのようなもの)が
配られ、それを吹いて参加するシーンもありました。
このカズーは、500円で販売もされていました。

しかし、このカズーが曲者で、
他の演奏の場面では、「カランカランカラン・・」と落とす音があちこちで・・・。
佐渡さんは、ストラップをつけて首から下げていましたが、
そういう工夫をしても良かったかもしれませんね。
さすがに吹き始める子はあまりいませんでしたが、
最後の方では、飽きてきた子がちょっと音を出していました。

シエナ・ウィンドの演奏は初めて聴いたのですが、
まず、みんなお若いことにビックリでした。
そして、すごく楽しそう・・・。
コンサートの作り方も、小道具を使ったり立ち上がったり、
いろいろと工夫されていました。
対象が“ヤング・ピープルズ”ということですが、
プログラム的にはやや難しめ。
ロック、ブルース、ジャズ、マーチ、クラシックと、ジャンルもいろいろでした。
それでも、佐渡さんや原さんがどんな曲なのかという解説をしていただいたので、
とても親切な印象をうけました。
一般バンドに所属しているMUSICAとしても、
演奏会の作り方が、とっても参考になりました。
参加型のプログラムがあっても、面白いかもしれないなぁ・・・と思いました。

アンコールで、もう一度参加シーンがありました。
曲はジャズの曲(タイトル忘れた・・・)でした。
それはとても楽しいのですが、
アンコールくらいは、子ども達にとってなじみのある曲でもよかったかもしれません。
なんとなく、「もう一曲やるのかも?」という感じになってしまっていたような気がします。

今回、とてもお手ごろ価格だったので勢いでチケットを取りました。
今度は、シエナ・ウィンドが演奏する吹奏楽のオリジナル曲を聴きに行きたいです。
情報収集、してみようっと!

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。