スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようこそ、ゆかいな“かくれんぼ!”【連敗街道爆進中・・・1勝7敗】

本館は、2008年8月4日未明にタイムスリップ中・・・☆

2週間ぶりに舞浜へ行ってきました。
今日は、日中はランドを満喫して、夕方からシーでまったり・・・。
あと、シーで写真のプリントをしたかったので、
移動大作戦で頑張ってきました。

朝は、真っ先にトゥーンタウンへ・・・。
4/14で終了してしまうジョリートロリーを撮影。
朝一は、誰も乗っていないトロリーを撮影できますよ♪

その後、抽選にチャレンジし、見事にハズレ~。
まぁ、その分レギュラーショーを楽しみましょう・・・とシーへ移動。

シーでミリオンスマイルを撮影し、フォトグラフィカでデジタルプリントの申し込み。
最近は、どこで撮った写真でも自由にフレームが付けられるようになったのね~。
フレームごとに申し込まなきゃならなくなって、ちょっと不便かも?と思ったのですが、
ややこしくなくて、逆に便利という意見もあるんだとか・・・。
オンラインで申し込むと、どうなんだろうなぁ・・・。

で、またまたランドへ戻って、ジャンピン鑑賞。
今日のミッキーはとってもやさしいミッキーでした。
MUSICAの近くにいた車椅子の女の子。
ふれあいタイムでは、
真っ先にその女の子のところにやってきて、スキンシップ!
こういう体験をすると、魔法にかかっちゃうよなぁ・・・。

次にミニミニ・・・と思ったけど、
モンスターズ・インクのスニークはどうなっているんだろう?と思ったので、
トゥモローランド方面へ・・・。
そうしたら、ファストパスの発券機の前にロープが張られ、
準備している感じ。
0321-1

一応、キャストさんに聞いてみたら、
「準備段階なので、何とも言えません・・・」の一点張りだったけど、
準備しているなら、出すってことじゃん!と割り切って、その付近で待ってみた。
10分ほどして、ロープにそって案内されて、ファストパスゲット!
ファストパス発券機、チケットが出るときに、「ワハハハハ~」と低い声で笑います。
ちょっと不気味ですよ~。
0321-2

これが、ゲットしたファストパス。
ベースカラーは水色です。
0321-5

ミニミニに入れるかも・・・と思い行ってみたら、
ギリギリ滑り込むことが出来ました。
端っこの席でしたが、なかなか楽しめました。
青空の下のミニミニが一番楽しいですね。

次は、ワンマンを観よう!と思ったけど、すでにラインカットでした。
ちょうどお腹も空いてきたので、プラザレストランでランチ。
レジの列が一つだけ短いところがあったので、そこで注文し、
さらに、ちょうど席が空いたところに座れたので、
ファストパスの時間までちょうどいい感じに休憩できました。

で、モンスターズインク。
0321-3

ファストパスエントランス、キャストさんのコスチュームはこんな感じ。
0321-4

偶然、いいタイミングで通りかかってゲットしたファストパスのおかげで、
10分くらいの待ち時間で乗ることが出来ました。ラッキー♪

2人乗りのトラム(6歳以下の子どもがいる場合は3人までOK)に乗って、
モンスターや人間の女の子(ブー)を探します。
うわさでは、隠れミッキーもあるらしいとのことだったので、
モンスター探しではなく、隠れミッキー探しをしてみたのですが、
トラムの動きが想定外に速く、見つかりませんでした・・・。
友人の娘さんは、初乗りで見つけたらしいです。すごいなぁ・・・。
お子様向けのアトラクションですが、
最後のオチがなかなか面白い仕掛けになっていました。

あと、工夫されてるなと思ったところが一つ。
トラムの降車場所の手前に、
一両分のトラムが止められる窪みがありました。
「なんだろう?」と思ったのですが、
車椅子のゲストが降りる場所でした。(乗り降りできるのかもしれません)
こうすれば、動いているトラムを全部ストップさせなくても済みますし、
ゲストご本人も、気兼ねなく落ち着いて安全に降りることができるし、
いい工夫だなぁと思いました。

新しいアトラクションのあとは、逆に無くなってしまうアトラクションへ・・・。
「ミッキーマウスレビュー」に行きました。
ビデオで撮影したかったので、比較的空いているというパレード中を狙って行ってきました。
ファインダーを覗いて撮るのは、かなり難しいですね。
ランドの年パスがあるうちに、もう一度チャレンジしてみよう。

ランドではやり残したことはないはず・・・ということで、シーへ移動・・・。
長くなったので、今日はここまで。

(つづく・・・)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。